365kimono

記事一覧(13)

北海道電力管内における節電、自家発電のお願い

9月6日3時08分に発生した、平成30年北海道胆振東部地震を受け、北海道電力管内においては、北海道全体にわたる停電が発生したところ、被害・影響を受けた発電所の復旧を進めております。しかしながら、今なお電力の供給が不足しているため、電力需給が大変厳しくなる見込みです。少しでも多くの地域への電力供給を可能とするため、特に自家発保有企業はその最大限の活用が、需給上極めて重要であるところ、以下の取り組みをお願いします。① 自家発に関する情報把握(供給力、自家消費分、逆潮の可否(量)、備考(燃料不足がある場合はその内容 等))② 逆潮可能な自家発(逆潮防止装置が付いていない発電機)への要請自家発の出力を最大化し、系統需要に使用するため、生産活動の停止又は低減(人命や被災地支援に影響がないものに限る)を要請※逆潮:系統への電気の送電③ 逆潮が不可能な自家発(逆潮防止装置が付いている発電機)への要請自家発の出力を最大化し、その範囲内で生産活動を可能な限り行ってもらう(系統電力を活用しないこと)を要請政府においては、引き続き、北海道電力管内における需給バランスを注視し、随時、情報提供を行ってまいります。停電の全域解消をできるだけ早期に実現していくため、全力で取り組む所存であるところ、何卒皆様のご理解・ご協力をお願いします。

繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画(改訂)

 繊維業界は経済産業省が策定した「繊維産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン(以下、「ガイドライン」という。)」に基づき、取引の適正化に努めてきた。日本繊維産業連盟及び繊維産業流通構造改革推進協議会(以下、「両団体」という。)は、これまでの当該ガイドラインに基づく取引適正化の取組みを一層進めるべく、自主行動計画を平成29年3月に策定した。繊維産業において、外国人技能実習について法令違反の事例が多数発生しており、業種別では最多となっている。これは、法令違反を犯した個々の事業者の法令遵守の問題のみならず、繊維業界全体の信頼に関わる、極めて由々しい事態である。この問題には、法令違反を犯す企業の法令遵守意識の欠落はもとより、技能実習生等の適正な賃金や労働環境等を確保するには低すぎる発注工賃となっていること、更には、発注者が製品の自社に至るまでのサプライチェーン全体における法令遵守、取引条件等の実態について把握できていないことが背景にある。また、適正でない状態で製造された製品を消費者に提供している場合には、発注者に直接の法令違反がないとしても、企業の社会的責任(サプライチェーンに対する責任)が果たされていない状況が生じている。 こうした事態の適正化に向けて、日本繊維産業連盟は、繊維産業技能実習事業協議会を経済産業省との共同事務局として運営し、同協議会は、技能実習の適正な実施などに向けて繊維業界として講ずべき取組等について協議を行い、平成30年6月に「繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組」を決定した。この取組においては、自主行動計画における「適正取引」への取組みの更なる改善に資する内容を含んでおり、これを反映させるため改訂を行うものである。